2009年08月05日

屋上からディズニーを思う

お店のライトが切れていたので

脚立を使って
副店長と一緒に屋根に上ってみた。


高いところが苦手なわけではないが…

見下ろすと「キュッ」と縮こまる感じ
慣れない^^;

yanekara.jpg
屋根から庭を見下ろす

電球は換えたが
点灯確認せず夜を迎える。

ねじ込みが悪かったせいか
点かず…

確認しておくべきだったと反省。


反省しながら大好きな
ディズニーランドの話を思い出した。

たくさんの電球を使っているにも係わらず
電球の球切れはないそうだ!


ディズニーランドは永遠に完成しない。
世界に想像力がある限り成長し続ける。

ウォルト・ディズニー


「永遠に完成することのない夢の国」

現実(リアル)を思い出すコトは一切排除

高層ビルは現実

酔っ払いは現実

落書きは現実

落ちているゴミ
落ち葉は現実

電球の球切れは現実
「あっウチの電球も切れてた!
帰りに買って帰ろう」
と思い出してしまう…

やっぱディズニーの精神はスゴイ!!

また、明日チャレンジ!




posted by カッティー at 23:03| 鳥取 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。